四川風さんまの揚げ漬けについて

四川風さんまの揚げ漬け

いわし・さんま:青魚の代表格、いわしとさんま。刺し身、塩焼きが代表的ですが、蒲焼き、マリネ、煮物、揚げ物など、幅広く活躍する食材です。

材料(4人分)

さんま:4尾、

塩・こしょう:各少々、

長ねぎ:1本、

A[鶏ガラスープ:1/4カップ、

酒・砂糖・酢・ごま油:各大さじ2、

豆板醤:大さじ1、

薄口しょうゆ:小さじ2]、

小麦粉・香草:各適量、

揚げ油:適量

作り方

@・・さんまは頭と内臓を取り除き、水でよく洗って水気をふき、筒切りにして塩、こしょうをふる。

A・・長ねぎは千切りにし、冷水にさらし水気をきり、器に敷き詰める。

B・・鍋にAを入れてひと煮立ちさせる。

C・・@に小麦粉をまぶし、180℃の揚げ油でカラッと揚げ、Bに漬ける。

D・・AにCを盛り、香菜のざく切りをのせる。